【海外の反応】結婚指輪物語 第11話 「ようやく一歩踏み出すのかと思ったら…」「史上最高のブロッカー登場」

タイトル
Kekkon Yubiwa Monogatari
Episode 11
海外の反応

スポンサードリンク


1: 名無しの海外勢

アンバルがずっと小さな祠の中にいて、自分のためなのかどうなのかわからないお供え物を食べているのが面白い。




2: 名無しの海外勢

>>1
俺なら、かわいくて素直なロボットの女の子にお供え物をするけどね。何年もあの中にいたからこそ、日本の人々が力を入れていることをよく知っていたんだろうな。



3: 名無しの海外勢

>>1
異世界から日本に来た時に、女神って設定にできたのにもったいなかったな。



4: 名無しの海外勢

>>3
最初からその設定だったら、探すのに苦労はしなかっただろう。



5: 名無しの海外勢

ヒメが戻りたくないって気持ちも分かるが、サトウがそれでもそうすべきだと決心して、アンバルから指輪を受け取ったことがうれしい。
JoXH0IX.jpg



6: 名無しの海外勢

>>5
義務とか関係なく彼女の気持ちを受け入れ、素敵なキスをした。



7: 名無しの海外勢

耳が気になるが、それ以外のところは完璧に日本に溶け込んでいる。
FMRdh0j.jpg



8: 名無しの海外勢

>>7
このまま日常を続けてくれても良かった。



9: 名無しの海外勢

ここで結ばれるんだなって本気で思ってた。
https://blog-imgs-172.fc2.com/d/s/a/dsara/K7GHG4v.jpg
アンバルによって中止になってしまったが
Uv51gnt.jpg



10: 名無しの海外勢

>>9
雰囲気がぶち壊された。笑



11: 名無しの海外勢

土の国の姫は日本にいた!
PSBMP11.jpg
まさかドワーフにとって作られたとは思わなかったよ。
https://blog-imgs-172.fc2.com/d/s/a/dsara/84apcobq2m4.jpg
ドワーフが出てくることを期待してたけど、彼女の言ってたことを考えると、彼女を日本に連れてきたドワーフはたぶん死んじゃったんだろうね。



12: 名無しの海外勢

>>11
彼女が単なるドワーフの造り物ではなく、実際のドワーフの王女をイメージして作られたロボットであることは興味深い。



13: 名無しの海外勢

クリストルがサトウと幸せな生活を送りたいのはわかるが、彼女の決断には賛成できない。彼女は他の姫たちに発言権を与えずにこの決断を下したのだから、姫たちが故郷に戻るチャンスも奪う覚悟だったのだ。



14: 名無しの海外勢

>>13
ちょっとわがままだよね。もう少し、他の女の子たちにも配慮してほしかった。



15: 名無しの海外勢

>>13
戻ったところでサトウが勝てるかどうか分からないし、そんな不安が残るくらいなら日本で幸せに暮らした方がいいだろうって考えだったんだ。サトウが死ぬのを一番恐れている。



16: 名無しの海外勢

>>15
そうなんだけどさ、指輪を持っている者としての責任がね



17: 名無しの海外勢

くそ、アンバル、いいところで現れたな。



18: 名無しの海外勢

>>17
5分から10分ほど時間を与えるべきだった。笑



19: 名無しの海外勢

ようやく一歩踏み出すのかと思ったら、アンバル…



20: 名無しの海外勢

>>19
彼女の無表情のユーモアには笑わせてもらった。



21: 名無しの海外勢

>>19
今回はサトウがやめたんじゃなく、タイミングが悪かったってだけだから



22: 名無しの海外勢

近所の猫たちと仲良くなっているグラナート、素晴らしい



23: 名無しの海外勢

ロボットともヤれるってことかぁ



24: 名無しの海外勢

可哀想なネフリティス



25: 名無しの海外勢

史上最高のコックブロッカーが登場した!



26: 名無しの海外勢




2000: 宣伝





引用元
https://www.reddit.com/r/anime/comments/1bg5p3g/kekkon_yubiwa_monogatari_tales_of_wedding_rings/

23aki 結婚指輪物語

第01話海外の反応
第02話海外の反応
第03話海外の反応
第04話海外の反応
第05話海外の反応
第06話海外の反応
第07話海外の反応
第08話海外の反応
第09話海外の反応
第10話海外の反応
第11話海外の反応
第12話海外の反応

関連記事

スポンサードリンク

Category: アニメ感想

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する